ゲーム

バカラとブラックジャック、どちらが稼ぎやすい?

バカラとブラックジャック、どちらが稼ぎやすい?

オンラインカジノの中でも、本場のカジノさながらの臨場感が味わえると人気が高い「ライブカジノ」。様々なテーブルゲームが楽しめるのはもちろんのこと、リアルタイムで本物のディーラーと勝負することができます。その中でも、カジノの王道として世界中のプレイヤーから愛されている「バカラ」と「ブラックジャック」。どちらも勝ちやすいゲームとして知られていますが、せっかくプレイするなら少しでも多く稼ぎたいですよね。今回はどちらのほうが稼ぎやすいのか、解説していきます!

バカラのルール

バカラは勝負の決着が決まるスピードが速く、ルールがとてもシンプルなカードゲームです。「バンカー」と「プレイヤー」にカードが配られ、どちらが「9」の数字に近いかを予想してお金を賭けます。自分の予想が的中したら、賭け金分の配当を得ることができ、逆に予想が外れれば掛け金が無くなってしまいます。

ゲームの進行はディーラーによって行われるため、プレイヤーは予想してベットするのみで特別なスキルやテクニックは必要ありません。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーが1対1で勝負する対戦型カードゲームです。ブラックジャック ルールは簡単で、プレイヤーは配られたカードの合計数がディーラーよりも「21」に近ければ勝利し、「21」を超えてしまうとその時点で負けが確定します。

プレイヤーは自分の手札見て選択し、ディーラーに勝たなければならないため、ディーラーとの駆け引きやテクニックが必要とされます。

バカラとブラックジャック 還元率で比較!

還元率とは、プレイヤーがベットした額に対してどれくらいの割合が返ってくるのかを示す数値です。例えば、1万円を賭け金とした場合に、9,000円が戻ってくれば還元率は90%となります。したがって、この還元率が高ければ高いほど、稼ぎやすくなる仕組みです。

では、バカラとブラックジャックの還元率を比較してみましょう。

  • バカラ:7%~98.9%
  • ブラックジャック:96%~102%

バカラは、98%以上の還元率を誇っており、「バンカー」と「プレイヤー」のいずれかに賭けるため約50%の確立で勝利することができます。しかし、プレイヤーの腕ではなく、運に任せる要素が強いゲームです。

ブラックジャックの還元率は、最低でも96%あり、手法次第では102%という数字にすることも可能です。攻略法や必勝法を極めれば、大勝ちする確率はグッと上がり、ブラックジャックの方がより稼ぎやすくなっています。

まとめ

オンラインカジノの中でも還元率が最も高いとされている「バカラ」と「ブラックジャック」。それぞれのゲームの中で必勝法があり、さらに稼ぐチャンスを広げることができます。ブラックジャックは、スキルやテクニックを利用することでバカラより稼ぎやすくなっていますが、何も考えずプレイしてしまうとバカラが逆転する結果になることもあります。それぞれの特徴を理解し、自分に合ったゲームを見つければ勝率も上がってくることでしょう!