アクセサリー

おすすめのモバイルバッテリー!大容量や薄型から安全性の高い物まで

みなさん、スマートフォンのニュースはいつも楽しんでいますか。毎日のようにスマートフォンが誕生しますよね。

同時にスマホを便利にするアクセサリーも大事です。そこで今回は、おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

モバイルバッテリーを選ぶポイント

まず、モバイルバッテリーを選ぶ時に考慮するべき重要なポイントをご紹介します。

  1. 重さ
  2. バッテリー容量
  3. サイズ
  4. 安全さ

重さ

まず、重さです。モバイルバッテリーというのは普通持ち歩いて使うものです。家では充電できるので使いません。

重いと当然ながら負担になります。スマホを2台持ち歩いているのと同じくらいです。スマホは数百グラムですが、この重さが意外と持ち歩いていると辛く感じます。

100g〜からの、できるだけ軽いものを選ぶことがポイントです。

バッテリー容量

また、当然ながらバッテリー容量も重要ですね。モバイルバッテリーを持ち歩いても容量が少なければ、全く意味のない物を持ち歩いているのと一緒です。

最近では5000mAhのスマホが登場してきて、モバイルバッテリーは10000mAh、20000mAhが発売されました。

大きな容量になれば重くなるというデメリットがありますが、スマホを何回でも充電可能ですし、中にはMacBookなどパソコンも充電可能な物もあります。

持ち運びの負担にならない範囲で、最大容量の物を選ぶべきです。

サイズ

続いてサイズです。サイズも持ち運びには重要なポイントです。小さければ当然、バッグの中にスッと入れて持ち運びをすることができます。

最近ではスリムタイプのモバイルバッテリーも登場しました。スマホのように薄いので、スマホの裏に密着させて充電することができます。充電しながら使いやすいので
、外出先でスマホを使う時に役立ちます。

安全さ

安全さは1番重視するべきところです。ニュースをよく見る方はご存知だと思いますが、モバイルバッテリーが原因の火災がとても増えています。

モバイルバッテリーは気軽に変えて需要もあるので、粗悪品を作る業者が増えているのです。

そこで、PSEマークの付いたモバイルバッテリーを購入するべきです。PSEマークとは、電気用品安全法で決められた基準を満たしているという意味です。

要するに、国や管理団体が定める技術基準や訂正テストに合格している製品というわけです。

100%PSEマークの製品なら安心と言い切れませんが、事故が起こる可能性は限りなく少なくなります。

おすすめのモバイルバッテリー

それではおすすめの商品を紹介します。

Anker PowerCore 10000

まず、定番中の定番、AnkerのPowerCore 10000です。これをとりあえず購入しておけば間違いありません。PSEマークもついていますし、10000mAhという大容量です。

スマホも2回くらい充電できます。とりあえず欲しいという人はこれですね。価格も3000円くらいです。

Anker PowerCore Essential 20000

もっと充電するから容量が欲しいという人には同じAnkerのPowerCore Essential 20000をおすすめします。もちろんPSEマークは付いています。

スマホも充電するし、タブレットも充電するという人におすすめです。スマホ2台持ちの人にも嬉しいですね。

Anker PowerCore Essential 20000 (モバイルバッテリー 超大容量 20000mAh) 【USB-C入力ポート/PSE認証済/PowerIQ/低電流モード搭載】iPhone & Android 各種対応 (ブラック)
Anker

PHILIPSのモバイルバッテリー

続いてスリムな充電器を探している人にオススメなのが、PHILIPSのモバイルバッテリーです。

10000mAhという大容量なのに、12.8mmという薄さです。スマホよりも薄く感じます。

重さも218gでiPhone 8 Plusと同じくらいの重さです。

PHILIPS モバイルバッテリー 10000mAh 薄型 【PSE認証済】 Type-C 急速充電 &Micro 2つ入力ポート 大容量 軽量 持ち運び 充電器 スマホ iPhone/ipad/Android対応 フィリップス (ホワイト)
Philips(フィリップス)

PowerCore Fusion

そして、PowerCore Fusionもおすすめです。こちらは、5000mAhと少しモバイルバッテリーにしては非力です。しかしながら、なんと充電器と一体になっています。

つまり、充電器とモバイルバッテリーが2in1の状態です。出かける時の荷物が格段と減ります。

重さも189gなので軽いです。管理人はこれを愛用しています。

Qi対応のモバイルバッテリー

続いてQi対応のモバイルバッテリーです。Qiとは置くだけ充電とも呼ばれる、ワイヤレスで充電できる規格の事です。

モバイルバッテリーの上にスマホを載せておけば充電が可能です。ケーブルで繋がなくもよいので、外出先でも荷物を軽くして出かけることができます。

もちろん、有線で繋ぐことも可能です。

スマホ付きバッテリー

最後にスマホ付きバッテリーをご紹介します。モバイルバッテリーにスマホを搭載していると考えた方がいいかもしれません。

モバイルバッテリーって、持ち歩いている時はただの重りです。充電するためだけにありますからね。

持ち歩くだけでも意味を持たせようとした結果、OSを入れてしまおうという事でした。そうすることで、スマホとして使えるようになって、非常用の電話になります。

たとえば、Energizer POWER MAX P18K POPならば18000mAhという超巨大なバッテリーです。50日間スタンバイ可能で6.2インチのHDディスプレイも搭載しています。

 

他にもOUKITELのK7 Proなど10000mAhで端末代金が1万円台の物もあります。

非常用としても持っておくべきです。

まとめ

今回は、おすすめのモバイルバッテリーとしていくつかの製品を取り上げました。いかによいモバイルバッテリーを購入するかがポイントです。

ぜひ、この記事を参考にしてみてください。