メーカー

OnePlus 6Tのスペックを解説!カメラやディスプレイ紹介

みなさん、スマホのニュースを楽しんでいますか。日々新しいスマホが登場するので、ニュースを追うだけでも大変です。そこで今回もOnePlus 6Tというスマホについてご紹介します。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
最近勢いを伸ばしているOnePlusです!
一言でいうとこんなスマホ

穴場のコスパよしハイスペック端末

OnePlusとは

まず、OnePlusと聞いてどこのメーカーか分からなくて不審に思っている人もいると思います。OnePlusは中国の深センに拠点を置くメーカーで、OPPOの傘下に入っています。

OPPOは日本にもOPPO JAPANを設立していて楽天モバイルなど格安SIMと一緒に抱き合わせで販売されているので、少し聞いたことがあるのではないでしょうか。その子会社です。こう聞くと、得体の知れないメーカーではなくなるので安心して購入できますね。

OnePlus 6Tのスペック

それではOnePlus 6Tのスペックを詳しく見ていきましょう。

OnePlus 6Tの発売日など基本情報

OnePlus 6Tは2018年10月に発売されたばかりの端末です。2019年現在ではおよそ4.5万円程度の価格で販売されています。OnePlus 6の後継機ですが、保存ストレージ、ディスプレイ、バッテリーが大きくなったことが違いです。

ちなみにデュアルSIMで、a6010が中国版、a6013が国際版です。技適なしとのことです。プラチナバンド3キャリアとも対応しています。しかし、Auは報告されていないので万が一のためにAuで使うのは避けましょう。

日本未発売なので輸入しましょう。

ディスプレイは6.41

  まず、ディスプレイは6.41インチで水滴ノッチを採用しています。最近の高級端末がこのディスプレイサイズを使用しているので、OnePlus 6Tもこの流れにのった感じです。このディスプレイサイズは、男性が片手で持つことのできる最大サイズとも言われていました。

しかし、カメラ部分を水滴ノッチにしたことや、ベゼルを削ったことで少し持っても余裕があるディスプレイになっています。もちろん、有機ELなので発光もかなり鮮やかでしょう。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
ディスプレイは文句なしに綺麗と言えます!

夜に強いカメラ

そして、カメラですが1600万画素と2000万画素のデュアルレンズです。光学手ぶれ補正がついていて、綺麗な写真が撮れます。特に際立つのが夜景モードです。このモードを使用すれば、独自の技術で夜景を綺麗に撮影できます。

サンプルの画像では、非常に細かい部分まで表現できていて夜景を忠実に再現していると感じました。

そして、インカメは1600万画素です。iPhoneのカメラは1200万画素と言われているので、画素数ではこちらが上回っています。綺麗なセルフィーも期待できそうです。

 

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
夜景も綺麗に撮れそうなカメラに間違いなし!

CPU

続いてCPUです。Snapdragon 845というCPUで、ハイエンドモデルと呼ばれています。一流のスマホがこぞって採用しているCPUなのでかなりキビキビした動きが期待できそうです。Antutuのベンチマークは約29万点、3Dスコアは12.6万点と言われています。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
ゲームもサクサク動くでしょう。

バッテリーはまあまあ

バッテリーですが3,700mAhです。今主流のスマホが大体3,000mAhなのでそれを考えると少し多いくらいでしょう。ただ、バッテリーを大きくすると重量も重くなってしまうので悩ましいところです。

この容量だと気持ちバッテリーは長いですが、ゲームなどするとやはり1日持たないと思います。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
バッテリーはとても惜しい!もう少し大容量がよかった

その他の特徴

OnePlus端末のよいところは防水防塵仕様なところです。国際基準の防水仕様ではないため、公式には明言されていませんが防水は期待できます。ネットのレビューでは水に落としても問題なかったということです。

水の中で使うというのはまずいかもしれませんが、もし水の中に落としてしまっても安心そうです。ただし、Felicaは使えてもおサイフケータイは非対応です。

買いなのか

さて、この端末は買いなのでしょうか。答えは買いでしょう。価格もいい感じに下がってきてますし、このまま待っていればいずれ3万円台に突入するでしょう。そうなったときが買い時です。かなりコスパのよい端末になっているでしょう。

あとは、中華スマホでは同じような価格帯にXiaomiもあるのでどちらが好きなのか好みも別れるところです。また、購入時はBanggoodなどで配布されているクーポンを利用すると安くなります。

まとめ

今回はOnePlus 6Tについてご紹介しました。防水で有機ELの端末はいいスペックだと思います。ぜひ、この記事を参考にしてお試しになってみてはいかがでしょうか。

OS Android 8.1
サイズ 157.5 x 74.8 x 8.2(mm)
カラー ミラーブラック, ミッドナイトブラック
重さ 185g
バッテリー 3700mAh
メモリ/ストレージと価格 6+128GB, 8+128GB, 8+256GB

約6.2万円から

ディスプレイ 6.41インチ、有機EL
CPU Snapdragon 845
GPU Adreno 630
アウトカメラ 2000万画素+1600万画素
インカメラ 1600万画素
WiFi 802.11 a/b/g/n/
Bluetooth 5.0
対応バンド

4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/66/34/38/39/40/41 / 3G: Band 1/2/4/5/8/9/19/34/39 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz

ケーブル USB Type-C
その他 防滴、Felica対応

OnePlus 6Tを詳しく

あわせて読みたい