メーカー

【OPPO】Reno 3 Aのスペック!Reno Aと比較してもカメラが優秀!

みなさん、こんにちは。いつもスマートフォンのニュースは楽しんでいますか。

今回はOPPOのReno 3 A(レノエースリー)についてご紹介します。

Reno 3 Aとは

Reno 3 AはOPPO JAPANが2020年6月16日に発表して、6月25日に日本市場向けに発売された端末です。今までOPPO Reno Aという端末が中華スマホの中でも大きな知名度とシェアをとってきましたが、その後継機です。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
簡単にこの端末を一言で言うと、防水防塵、おサイフケータイ対応で超広角レンズを含む4眼カメラ搭載で、価格は4万円以下のコスパスマホです。

Reno 3 Aのスペック

ディスプレイ

ディスプレイは6.44インチのフルHD +ディスプレイを搭載しています。端の部分は少し曲がっていて、持ちやすいように工夫しています。

大きな画面なので動画などは見やすいですね。

サイズ

サイズは高さ160.9mm、幅74.1mm, 厚さは8.2mmです。6.1インチのiPhone XRが75.7mmなので、それよりも気持ち小さいくらいです。男性なら片手で持てます。女性でもギリギリイケるサイズ感です。

ちなみにReno Aと比較すると、1mmほど横幅が短くなっている一方、縦に2mm程度長くなっています。そのおかげで、画面サイズか19.5:9だったのが、20:9になっています。

一方で5gほどReno Aより重たくなっています。

カメラ

カメラは目玉というくらい大きく変わっています。Reno AはiPhone Xと同じ2眼カメラでした。一方で、Reno 3 Aでは超広角、モノクロがプラスされて4眼カメラになっています。

圧倒的にカメラの品質向上を実感できるでしょう。

CPU

CPUはReno AではSnapdragon 710だったのに対して、Reno3 AではSnapdragon 665となっています。4%ほどReno 3 Aの方がCPUは向上しています。

antutuスコアは約18万点で、Reno Aの約19万点より少し落ちています。しかし、これだけのスコアがあれば、日常生活には困らないでしょう。ちなみに12万点という報告も一部であるようです。

また、メモリ6GB、ストレージは128GBで、余裕を持ってアプリなどを使用できるでしょう。

バッテリー

バッテリーは4,025mAhです。他のスマートフォンだと、5,000mAh以上のバッテリーを搭載している端末もありますが、Reno 3 Aでも高頻度に使わなければ、1日バッテリーは保つでしょう。

対応バンド

対応バンドです。結論的にはどのキャリアも対応していますが、フルに使いたい人はSoftBank回線がおすすめです。

Docomo

docomoは問題なく使えます。ただし、3G回線は山地で繋がりにくい可能性があります。

auとUQmobiule

auとUQmobiuleは問題なく使えます。ただし、3Gには非対応です。

SoftBankとY!mobile

SoftBankとY!mobileはLTEと3Gの両方で使えます。

楽天モバイル

楽天モバイルはメイン回線、パートナーエリアも対応しています。

おサイフケータイと防水

おサイフケータイと防水に対応しています。

他の中華スマホでは対応していない、モバイルSuica、PASMOを使用することが可能です。これは大きいですね。

また、IPX 8という防水性能を搭載しています。そのため、水中でも使用が可能です。敵なしですね。

Redmi Note 9Sと比較

XiaomiのRemi Note 9Sとどちらがいいのでしょうか。結論から言うと、コスパとCPU、バッテリー重視ならRemi Note 9S、おサイフケータイと防水重視ならReno 3 Aです。

Redmi Note 9Sは2.5万円でSnapDragon720G、5020mAhのバッテリーを搭載しています。一方で有機ELではないですが、価格に対してReno 3 A以上スペックを誇っています。

しかし、Reno 3 Aにはおサイフケータイと防水というRedmi Note 9Sにはない大きな機能がついています。日本で使うならば、Reno 3 Aの方が絶対いいです。

まとめ

わずか4万円でフルキャリア対応、さらにおサイフケータイと防水にも対応している端末なので、コスパは最強にいいです。

iPhone SEと価格帯も近いですが、画面が大きい方を希望ならReno 3 Aがいいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

OSAndroid 10 , Color OS 7.1
サイズ160.9 x 74.1 x 8.2mm
カラーブラック、ホワイト
重さ175g
バッテリー4025mAh
メモリ/ストレージと価格6GB/128GB(4万円)
ディスプレイ6.44インチ、有機EL
CPUSnapdragon 665
アウトカメラ4800万画素、800万画素、200万画素、200万画素 F値:1.7
インカメラ1600万画素 F値:2.0
WiFi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMサイズ、スロットNanoSIM×2
対応バンドFDD-LTE: Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TD-LTE: Bands 38 / 39 / 40 / 41
WCDMA: Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
ケーブルUSB C
その他おサイフケータイ対応、IPX8
created by Rinker
OPPO Japan
¥36,178
(2020/08/09 21:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

ケースはこちらがおすすめです。

あわせて読みたい