メーカー

HUAWEIのMate Xのスペック!世界最強折りたたみスマホ!

みなさん、スマホのニュースを楽しんでいますか。今回は、HUAWEIの話題スマホ、Mate Xについてご紹介します。

Mate Xとは

Mate Xは2019年にHUAWEIから発表されたスマートフォンです。未来のスマホということで非常に話題になりました。最大の特徴は折りたたむことができることです。

SAMSUNGから発表された折りたたみスマホ、Galaxy Foldの対抗馬です。1番分かりやすい違いはディスプレイです。

Galaxy Foldとの比較

どちらも折りたたむことが可能ですが、Galaxy Foldがディスプレイを内側にして折りたたむのに対して、Mate Xはディスプレイを外側にして折りたたみます。

ディスプレイをどちらに畳むかは好み次第ですが、Galaxy Foldは20万円台なのに対してMate Xは30万円程度になる見込みです。

Mate Xのスペック

それではスペックを見ていきましょう。

両面にあるディスプレイ

[出典: https://consumer.huawei.com/en/phones/mate-x/]

まず、ディスプレイは閉じた状態で6.6インチです。

画面比は19.5:9で今のトレンドである縦長のディスプレイです。横幅を絞らなければ片手で持つことができません。しかし、通常の状態でも6.6インチのため男性の手のひらくらいあります。かなり大きなディスプレイと考えてよいでしょう。

ただ、外側もディスプレイな折りたたみですので、裏面にも画面がある状態になります。裏面は6.38インチです。これで最近のトレンドのディスプレイサイズです。しかし、こちらのディスプレイには大きな縁があります。その点を我慢できるかどうかです。

折りたたんでも1.1mmという厚さです。たった1cmしかないのは技術力のおかげです。折りたたんでここまで薄くて、外側もディスプレイであることを考えると落下時の耐久性が心配です。常にハードケースに入れて、使用時に取り出して使うことになるでしょう。

[出典: https://consumer.huawei.com/en/phones/mate-x/]

広げたときのディスプレイサイズは8インチです。ただ、8:7.1というやや正方形に近いディスプレイです。我々にとって正方形のディスプレイは使いにくいです。大画面だと映画を見るなどの使い道が考えられますが、この正方形の画面を活かせるかどうかは未知数です。

カメラはやはり高スペック

[出典: https://consumer.huawei.com/en/phones/mate-x/]

続いてのカメラですが、HUAWEIの端末は代々カメラスペックがよいことで定評があります。この端末の発売前に、HUAWEIはP20 Proを発表しています。このカメラはスマホ史上最高のカメラと言われていましたが、Mate Xもこの流れを受け継いでいます。

トリプルレンズを搭載していて、4000万画素の広角レンズ、1600万画素の超広角レンズ、800万画素の望遠レンズです。画素数が半端ではないです。かなり綺麗な写真を期待できます。

CPUやバッテリー

[出典: https://consumer.huawei.com/en/phones/mate-x/]

CPUはKirin 980でストレージは512GBです。バッテリーの容量は4500mAhで、普通のスマホに比べて大容量です。折りたたむと両画面にディスプレイがあることやタブレットには10,000mAhのバッテリーを搭載している端末があることを考えると、不安が残ります。

消費電力がどれくらいなのか、人それぞれの使い方で確かめてみないと分からないので何とも言えません。

ただ、もちろん急速充電に対応しているのでバッテリーが無くなったら簡単に充電できそうです。

もう1つ忘れてはならないのは、5G対応だということです。次世代の高速通信として5Gが注目されています。この通信規格に対応しているスマホはまだ少ないですが、Mate Xは次世代の象徴ということもあって対応しています。末永く使えそうですね。

Mate Xは買いなのか

さて、Mate Xは買いなのでしょうか。答えはNOです。理由は3つです。1つ目に値段が高いことです。スマホ1台に30万円は馬鹿げています。この後、折りたたみスマホが普及すれば値段は必ず下がります。今購入するのは時期が早いのではないでしょうか。

2つ目に耐久性です。ディスプレイが両面にあるのは、それほど傷がつきやすいということです。スマホは持ち歩く物ですので、いつどんな衝撃で壊してしまうか分かりません。この点は懸念すべきところです。

3つ目は1つ目と2つ目の理由にも似ていますが、次の世代の機種はMate Xの悪いところを改善した端末であることが予測されます。つまり、次の端末は今よりも実用性に優れています。その時期まで待つべきです。

まとめ

今回はHUAWEIのMate Xについてご紹介しました。折りたたみスマホはインパクトがありますね。これからこの流れが続くことは間違いないです。

その時代を切り開いた最初の端末としてMate Xは殿堂入りするでしょう。記念すべき端末です。ぜひ、みなさんも検討してみてはいかがでしょうか。

OS Android 9
サイズ
161.3 x 78.3 x 11(mm)
展開時:161.3 x146.2 x 5.4(mm)
カラー Interstellar Blue
重さ 295g
バッテリー 4500mAh
メモリ/ストレージと価格 8GB+512GB(約29万円)
ディスプレイ 6.38インチ(2480 x 892) 、6.6インチ(2480 x 1149)、有機EL

8インチ(2480 x 2200)

CPU Kirin 980
GPU Mali-G76
アウトカメラ 4000万画素広角レンズ、1600万画素超広角レンズ、800万画素の望遠レンズ
インカメラ なし
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
対応バンド

SIM1:
5G NR TDD: N41 / N77 / N78 / N79
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B32
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19;
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

SIM2:
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

ケーブル USB Type-C
その他 NFC不可

HUAWEI MATE X

あわせて読みたい