メーカー

P6000 Plusのスペックについて解説!Amazonで買える!

みなさん、スマートフォンのニュースは楽しんでいますか。毎日新しいスマートフォンが発売されるので、チェックが大変です。

そこで今回はUlefoneのP6000 Plusについてご紹介します。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
Amazonで購入可能!
一言でいうとこんなスマホ

エントリーモデルで充電長持ちスマホ

Ulefoneとは

さて、Ulefoneについてご存知の方はあまり少ないと思います。

なぜなら日本であまり知名度が高くありません。HUAWEIやOPPOの方が有名です。しかし、Ulefoneはスマートフォンのアクセサリーをメインに作ってきましたが、スマートフォン本体も品質がよいと人気がじわりじわりと生まれてきています。

そのUlefoneが発売したスマートフォンがP6000 Plusです。

P6000 Plusのスペック

それでは詳しくスペックを見ていきましょう。

価格と発売日

P6000 Plusは2019年5月に発表されたスマートフォンです。Amazonでも簡単に購入できるのがポイントで、Amazonではおよそ1.4万円で販売されています。

6インチディスプレイ

画面は6インチのHD+ディスプレイです。Ulefoneの端末は価格は安いけど、ディスプレイの画質はあまりよくないという端末が多いです。

しかし、P6000 Plusはその点が少し改善されています。18:9という画面比率なので縦長になっており、持ちやすくなっています。スマホのトレンドを抑えてきてます。

両サイドのベゼルは狭いですが一方で上下のベゼルが目立ちます。この点は気になるところですが、価格を考えると仕方ありません。

 

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
価格以上のディスプレイ!

デュアルレンズカメラ

そして、カメラですが800画素で1300万画素に補間されるレンズと500万画素のレンズのデュアルレンズで構成されています。スマホ全体で見ると低スペックであることは否めませんが、この価格帯だと必要最低限より少し上のスペックといった感じです。

一方でインカメは200万画素で500万画素補間のレンズです。こちらは必要最低限ですね。自撮りなどに強いカメラというよりも、ビデオ通話などのためのカメラだと割り切って使うほうがいいと思います。

帝國王アンジュオ
帝國王アンジュオ
カメラは実用的ではない!

CPUはエントリーモデル

CPUはMediaTek MT6739です。もちろん、エントリーモデルのスペックですので、激しいゲームなどする目的には全く向いていません。Antutuのスコアも4.2万程度と言われているので、ブラウザなど最低限の用途に留めておいたほうがよいですね。

バッテリーは大容量

一方バッテリーは高い評価を得そうです。なんと、6350mAhという大容量で、他の数万円するスマホよりも多いです。今まで多くても5000mAh程度でしたが、さらに上回りました。ひょっとしたら2日程度使い方次第で持ちそうです。

この端末は買いなのか

この端末は買いなのでしょうか。答えは初心者は買いです。Ulefoneの端末はLTEに対応していないことが多かったのですが、この端末はきちんと対応しています。

しかし、全体的にエントリーモデルなのでスペック不足が否めません。スマホをよく使う人は不満が残るでしょう。SNSなどをガンガン使うし、カメラにもこだわりたいという人はもう数万円お金をかけてよい端末を購入するべきです。

 

同価格帯より少し上で似たような端末ならばUMIDIGIでしょう。同じように中国でも振興メーカーとして位置づけられていますが、品質とコスパはかなり高いです。

それでもこの端末は顔認証と大容量のバッテリーがかなり魅力的なので、そちらが目当てな方はおすすめです。

まとめ

今回はUlefoneのP 6000 Plusについてご紹介しました。

エントリーモデルですが、価格のコスパがかなりよいです。他のスマホと違ってAmazonで簡単に購入ができるのもポイントですね。ぜひ、みなさんもこの記事を参考にしてこちらのスマホを購入してみてはいかがでしょうか。

OSAndroid 9.0
サイズ
159.3×75.8×10.7(mm)
カラーTwilight / Black / Gold
重さ213g
バッテリー6350mAh
メモリ/ストレージと価格3GB+32GB(約14,000円)
ディスプレイ6インチ
CPUMediaTek MT6739
GPUIMG PowerVR GE8100
アウトカメラ1300万画素+500万画素
インカメラ500万画素
WiFi802.11 a/b/g/n 2.4G/5G
Bluetooth4.2
対応バンド

 

2G GSM: 1900/1800/850/900(B2/3/5/8)

3G WCDMA: 2100/850/900(B1/5/8)

4G FDD-LTE: 2100/1800/2600/900/800(B1/3/7/8/20)

ケーブルMicro USB
その他デュアルフラッシュ
あわせて読みたい