メーカー

OPPOのR17Neoのスペックを解説!格安SIMで使える!

みなさん、スマホのニュースは毎日楽しんでいますか。毎日ワクワクするような新機種が誕生しますよね。やはり毎日ニュースを見ていても飽きないものです。

そこで今回はOPPOのR17 Neoについてご紹介します。

OPPOとは

R17 Neoは2018年11月22日にOPPOから発売された端末です。OPPOは中国のメーカーですが、日本にもOPPO JAPANという会社を設立しています。そのため、日本でも簡単に購入できることが最大の特徴です。わざわざ中国から輸入する必要はありません。

また、格安SIMと呼ばれるUQ Mobileや楽天モバイルで契約できるため、端末と通信費をかなり安くして使用することができます。

R17Neoのスペック

それでは早速スペックを詳しく見てみましょう。

6.4インチサイズのディスプレイ

[出典:https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/]

まず、ディスプレイのサイズは6.4インチです。かなり大型であることが分かります。中華スマホにこのサイズが多いのは、男性が片手で持てる最大ディスプレイサイズと呼ばれているからです。それでいながら、ゲームや動画などを大画面で楽しむことができます。

いわゆる水滴ノッチと呼ばれるディスプレイのデザインをしています。 水滴ノッチとはその名前の通り水滴を落としたようなデザインです。普通のスマホは、もう少しインカメのカメラの切り抜き部分が大きいですが、R17 Neoはとても小さくなっています。

そのため、画面の占有率が91%にも及びます。余白など無駄な部分がないディスプレイで 思う存分楽しむことができます。

背面にもこだわりのあるディスプレイ

[出典:https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/]

一方で高級感もあります。価格帯とは裏腹に、3Dグラデーションカラーと呼ばれるデザインなので、見る角度によって背面の色も変わります。カバーをつけるとあまり目立たなくなりますが、こうしたところにも心遣いがされています。

カメラも優秀

[出典:https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/]

一方のカメラもかなり性能がいいです。デュアルレンズを搭載しており、1600万画素と200万画素という組み合わせです。AI機能を搭載しており被写体にカメラを向けるだけで16の設定に切り替えてくれます。

それだけで被写体にあった、写真撮影モードになるのでかなり綺麗な写真を撮ることができます。

2500万画素のインカメにもAIが組み込まれており、カメラに顔を向けると自動で顔を認識してくれます。顔のパーツを読み込んで1番綺麗に映る写真に仕上げてくれます。自撮りをいかに綺麗に撮るかがある種の勝負な場合もあるので、これは嬉しいですね。

CPUとバッテリー

CPUはSnapdragon660です。ミッドレンジ向けのCPUなので、最新の高スペックスマホと比べると性能は当然落ちますが、普段の使い方ではあまり困らないでしょう。

また、バッテリーの容量は3600mAhなので、中の上クラスと言えます。最新のスマホでは4000mAhの容量のスマートフォンも増えてきているため、それに比べれば確かに劣りますが十分な量でしょう。

指紋認証はスクリーンで!

[出典:https://www.oppo.com/jp/smartphone-r17-neo/]

また、この端末はスクリーン指紋認証を初めて採用しました。今までの端末は、スマホの裏面に指紋認証のボタンがあってそこに指を置くか、iPhoneのように前面のホームボタンで 指紋認証する必要がありました。

しかし、R17 Neoの指紋認証のためのボタンはなくなって、スクリーンが指紋認証の役割を果たしています。今後この仕様が普通になると思われますが、それをいち早く可能にした端末ということにも価値がありあそうです。

R17 Neoは買いなのか

さて、ここまでR17 Neoをご紹介しましたが買いなのでしょうか。初心者はもちろん買いの端末です。3万円にも行かない値段でデザインやスペックは申し分ないでしょう。価格の安いスマホだということも簡単に他の人に知られません。

そして、やはり格安SIMで簡単に契約できるためのがよいですね。中華スマホのデビュー機としておすすめです。

まとめ

今回はR17についてご紹介しました。安くて性能がよいスマホはたくさん出ていますが、OPPOというブランドもあって安心ができます。ぜひ、みなさんもお試しになってはいかがでしょうか。

OSAndroid 8.1
サイズ158.3 x 75.5 x 7.4(mm)
カラーブルー, レッド
重さ156g
バッテリー3600mAh
メモリ/ストレージと価格4GB+128GB

38,988円(UQモバイルにて発売当初)

ディスプレイ6.4インチ、有機EL
CPUSnapdragon 660
GPUKryo 260
アウトカメラ約1600万画素 + 約200万画素
インカメラ約2500万画素
WiFia/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
対応バンド

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41

ケーブルMicro USB 2.0
その他防水不可

R17 Neo公式サイト

created by Rinker
OPPO Japan
¥24,800
(2020/08/09 22:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい